本イベントは終了しました! たくさんのご来場誠にありがとうございました!

いばらきクリエイターズネットワークへの参加はこちら

いばらきコンテンツ産業創造プロジェクトの最新情報はこちら

茨城県産コンテンツがせいぞろいいばらきコンテンツコレクションいばらきコンテンツコレクション

What is the Ibaraki Contents Collection ? / いばらきコンテンツコレクションってなに?

いばらきコンテンツコレクションは、
茨城県を拠点として活動するクリエイターの展示会です。

マンガ・ゲーム・アニメ・キャラクターなど、
茨城生まれのコンテンツとの出会いの場として企画されました。

「あ、こんなのも作ってるんだ。」
と、茨城県の新たな側面を感じていただければ幸いです。

SPECIAL TALK SHOW - スペシャルトークショー

1984年『ゴジラ』以来、日本の特撮映画やアニメーションに携わってきた樋口監督。『文化庁メディア芸術祭』審査委員などアニメ・特撮研究家、氷川先生。コンテンツ産業の第一人者であるお二人に「クリエイターが自立するには」というテーマで対談していただきます。

HIGUCHI SHINJI - 樋口 真嗣

映画監督・特技監督。
1984年『ゴジラ』にて映画界入り。1995年『ガメラ 大怪獣空中決戦』で特技監督を務め、『日本アカデミー賞特別賞』を受賞。ほかに、『エヴァンゲリオン』シリーズなど数多くのヒット映画作品に画コンテやイメージボードとして参加。
主な監督作品は『ローレライ』、『日本沈没』、『のぼうの城』、『進撃の巨人2部作』など。
現在、12年ぶりに復活する新作「ゴジラ」の監督・特技監督(兼任)として制作中。

HIKAWA RYUSUKE - 氷川 竜介

1958年兵庫県生まれ。 アニメ・特撮研究家、明治大学大学院客員教授、日本SF作家クラブ会員。
文化庁メディア芸術祭審査委員、毎日映画コンクール審査委員などを歴任。 文化庁向けに「日本特撮に関する調査報告書」「日本アニメーションガイド ロボットアニメ編」を執筆。
主な編著:「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム from 1989」(共著・国書刊行会)、『細田守の世界——希望と奇跡を生むアニメーション』(祥伝社、2015年)など。

※ 当日11:00より、トークショーの整理券を配布します。定員120名と、座席が限られております。お早めにご来場ください。


その他のステージ企画の一覧はこちら

そのほかにも、沢山の魅力的なクリエイターズ・ブース展示や、DENSHI JISIONによるライブなど、盛りだくさん! (近日公開予定!)


ブース企画の一覧はこちら
開催日平成28年3月6日(日)
開催時間10:30〜17:30
会場秋葉原UDX 4階 Gallery Next
入場料入場無料・事前申込み不要

会場は、秋葉原UDXの4階にある秋葉原駅直結「Next Gallery」!

JR秋葉原駅から徒歩2分、TX秋葉原駅から徒歩3分ですので、是非お気軽にお越しください!

会場アクセス(UDXサイト)

フランスでも拍手喝采!「漫画と忍者」ほかステージ企画!

世界に誇る、MANGAとNINJYAのコラボレーション!? 激しく、かつコミカルな忍者アクションに台詞や吹き出しが加わり、まるで漫画のコマがリアルタイムで繰り広げられているよう!? 新感覚エンターテイメントCG映像×忍者

TOPICS - トピックス

TX各駅でチラシの配布が始まりました。出展者、スペシャルトークショー、トークセッションのゲストが決定!ねば~る君の撮影会もあります。詳しくはこちらをご覧ください!

PDF版はこちら